カンボジアで恥をかく

カンボジアの42日間の私立学校での海外インターンシップの日記を主に書いています。

【21日目】死ぬ気で生きているか?"挑戦"しているか?

【21日目】

ãæ­»ã¬æ°ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ちょうど折り返し地点。学びと行動多き1日でした。

 

【今日行ったこと】

✓他委員会委員長との電話 - 死ぬ気でやるということ -

✓あ、ぜんぜん”挑戦”してないやんという気づき

✓前のインターン生との電話

✓統計算出の完了とアクション

 

✓死ぬ気でやるということ

他委員会委員長との電話した。

 

「本気でやり切れんかったなんて言って帰ってきたらぶっ飛ばすぞ。俺は海外インターンの価値を信じているからもしそんなことになったら許さない。お前は委員長なのだから。成果必ず上げろ、みんな期待してる。」

 

って言われて今までにないほど目が覚めた。

 

良いことではあるのだが、そもそもいろいろな人が優しく接してくれた中でここまで喝を入れてくれる言葉はとても響いた(もちろんすべてはバランス。)

 

委員長の立場でインターン行ってんのに、死ぬ気でやらんくてなんも成果残せなかったら、何の意味もないどころか大幅なマイナス効果やんまじで。

 

とにかく24時間目の前の人たちに本気で向き合え。

 

「ああ、なんで自分は今まで本気でやってなかったんだと思った」

 

客観的にくそじゃん、選挙もぜんぜんできていないし、委員会も動かせていない。なのに海外インターンで何もできなかったら本当に何の価値もないじゃん。

 

なのに、「自分はくそなんだ、仕方ないんだ」ってなんで開き直っているんだって。

死ぬ気の本気でやんないと、意味がない。本当に意味がない。

意味がないどころかもっと多くの人が損をする。

 

「何もできませんでした、任される仕事が少なすぎました、海外インターンの価値とかわかりませんでした」

なんていったら自分や周りにどれだけの損を招くだろうか。

死ぬ気で向き合え、言い訳するな。とにかくやり切れ。

思い描く行動に納得いかないなら死ぬ気で描け。

 

ここで死ぬ気でやり切らないと、きっと人生ずっと死んだようにいきてるぞ。自分。

 

✓その都度、内省する。

 

内省まとめてブログに落とすまで1日分で約1時間半~2時間半くらいかかる。

気づきがあったその都度雑に打ち込んで最後に翌日に関して付け加えるくらいがちょうどよい。

今日の日記はとても効率よく作れた。

 

✓あ、ぜんぜん”挑戦”してないやんという気づき

 

突然、「オーナーが体調を崩したから授業をしてくれないか?」と頼まれた。

急に大学生30人くらい相手に、準備もなしにGeneralに教えるとか無理って思って悩んだ末に断ってしまった。

 

後からすごく後悔した。

そもそも自分の仕事は英語の教育なのの何してんや自分。。。

 

なんで承諾しなかったの?って突き詰めた結果

自分はほとんど今まで「自分にできると思っていること」しか取り組んでこなかったことに気が付いた。

 

子供の授業でも拘りを持って何か大きく取り組んでいなかった。

一週間目はいろいろ考えて工夫していたけど、2周目3週目目はパートナーの授業に口をあまり出さなくなったり、目の前の子たちがどうしたらもっと学びやすくなるかを考えることを放棄していた。

 

「自分にできそうなこと、今までやってきたこと」の範疇でしか考えてなかったから、

自分でやっていくことに納得感持って行動しきれなかったのだと思う。

それじゃあ何もできない。

 

そしたら自分がまだできなさそうなこと、やったことないこと死ぬ気で踏み込んでいこうという精神でいく。

 

✓今日の授業

「早く終わったらゲームやるよ~」って言って

子供たちの書きとるスピードを速めるよう試みた。

 

f:id:jirolian988:20180908032707j:plain

そこそこ終わるの早くなった。

けんだまで遊んだのだけど、

けんだまを6連続成功させるこどもとか出てビビった。

f:id:jirolian988:20180908032802j:plain

小さなけんだま仙人

 

✓統計算出の完了

統計が完全に算出できました!!

 

いちおう学校の発展のために使うというプライバシーポリシーを記載しているのでそこまで言えませんが....

 

自分の授業少ないのも夏休みで大学生の多くが帰省しているからなのですが、

実際、夏休み大学生が帰省しているのは事実っぽくて約40人のうち半分は高校生でした。

大学生にとりたかったのでターゲットとしてはズレているなあという感じ。

 

ただ、それでも起業/開業意欲が高くておよそ1/3の人が own businessを20代、30代に持ちたいと答えてました。

 

けれども1/3の人はその20代から30代の選択の理由が家族のためにお金を稼ぎたいから

なんとなく~とか親と同じ職業~とかその職業が好きだからっていのを含めると7割くらいいく印象。

 

高校生主体なので仕方がないところはある。

 

この結果を根拠に、キャリア教育、主に起業家などの講演の必要性と方向性の提示を頑張っていきたい!

 

学校の改善点もアンケートでとっていたので集計してまとめてオーナーに草案を提出しました!!

 

✓前インターン生とのコンサル

 

主に起業家講演を中心にキャリア教育を導入できないかと模索しています。

 

学校にキャリア教育要素を追加して他の学校との差別化要素にし、

語学だけでなく、生きていくのに必要な教育を増やしていくというヴィジョンを設定できていいねってなりました。

 

どれくらい持続性を持っていけるかはわかりませんが。。。

とにかく高めていきたい!!

もっと大学生にとってニーズがあることを示して、

実際にやった成果を目に見える形で残していけば必ず持続性を生むはず!!

 

起業家講演だけでなく、大学生の活動の一つとしてアイセックを一つのモデルケースとして活動紹介できるといいなと思いました。

それも動いていきます!

 

【今日の時間配分】

 

f:id:jirolian988:20180908034119p:plain

かなり全力で生きた。無駄な時間はかなり少なかった印象。

後は効率を高める。

 

ジャンル/1日内での比率/理想割合との誤差

睡眠時間

6.5

27.08%

2.08%

授業外施策

3

12.50%

0.00%

LC内業務/MCP選挙/LC関連電話

8.5

35.42%

27.08%

授業

2

8.33%

0.00%

内省&ブログ

1.5

6.25%

-2.08%

ネット漁り

0

0.00%

-10.42%

夕食&休憩

0.5

2.08%

-6.25%

読書

0

0.00%

-6.25%

授業の準備

0

0.00%

-4.17%

昼食&休憩

0.5

2.08%

0.00%

シャワー&支度

0

0.00%

-2.08%

外出

0

0.00%

0.00%

時間管理

0

0.00%

-2.08%

掃除

0

0.00%

-2.08%

ビリヤード

1

4.17%

0.00%



【明日の目標】

✓死ぬ気で生きる。

✓観光全力

✓学校+キャリア教育の提案プランを作成

✓現地アイセックに高校生への活動紹介授業の提案を持ち掛ける。