カンボジアで恥をかく

カンボジアの42日間の私立学校での海外インターンシップの日記を主に書いています。

【19日目】自由の刑に勝て

【今日行ったこと】

f:id:jirolian988:20180906140130p:plain

✓時間管理を始める。

インターンの中間報告会

 

 

✓時間管理を始める。

自分のジョブは2時間しかない。

誰にも強制されず、予定もない時間が22時間。

これを上手く使うのは死ぬほど難しい。

授業もなく、バイトもなく、ただ自主的に取り組むタスクが浮いているだけなのだ。

ãèªç±ã®åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

つまり自由の刑に課せられているのだ。

 

 

 

 

ãèªç±ã®è»½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これは自由の軽

 

インターンに行くと魔法のように人が変わったなんていうセールスを行うがそんなことは断じてない。

インターン行ったからって急に何かが変わるわけではなく、地道にコツコツやっていかないと人は変わらない。

 

そこで管理体型を設けた。(むしろ遅い。)

どういう時間の使い方をしているかというスケジュール表と、累計時間分析表。

 

 

2時間という時間しかやることがないのはインターンとして欠陥ともいえるが、

逆に言うと、自分自身で自制心高く自己決定して生きていかないといけない環境であり、最高に自制心を高められる環境と言える。

 

f:id:jirolian988:20180906134340j:plain

時間管理表、今日の時間の使いかたは人生で最も下手であった

 

f:id:jirolian988:20180906134507j:plain

左下が理想時間配分、左上が今日の時間配分。右図は理想の時間配分の円グラフ。

 

 

 

✓中間報告会

送り出し委員会が中間時点の報告会を開いてくれました!!

今までは終了後のプレゼンテーションしかありませんでしたが、

中間時点での言語化はとても役に立ちました。

外部のインターン生には報告会を行うこと自体拒否することも少なくないのですが、今後も行っていってほしいですね。

f:id:jirolian988:20180906134925p:plain

カンボジアはデータSim1GB100円くらいなど大変通信が安い。

代わりに通信速度が遅くビデオ通話ではビデオどころか音声すら拾えないことが多いので今後渡航する人は注意されたし。

 

割と今日の自分はマジでカスだったのでこれくらいしかやってない。。。

 

 

 

【見聞きしたこと、考えたこと】

✓うちのクラスには教科書がない。大変効率が悪い。

クラスに寄るのだが自分のクラスには教科書がない。

そのためノートに板書を書きとってもらっているが、途中から入ってくる生徒もいるのだ。これでは途中から入ってくる生徒は復習できない。

 

教科書がないと絵がなくて覚えづらいし、復習など自主的な勉強もしにくい。

オーナーとちょっと話してみよう。

 

【明日やること】

✓起業家講演を詰め切って相談する。

✓起業家講演のゲストに連絡を入れる。

✓アンケートの統計をエクセルに落とし込む。

✓時間管理きちんと行う。

✓子供のクラスの教科書についてオーナーと話す。

 

 

9/5

時間

パーセンテージ

現実 - 理想

睡眠時間

7.5

31.25%

6.25%

授業外施策

0.5

2.08%

-10.42%

委員会業務/委員会関連電話

3

12.50%

4.17%

授業

2

8.33%

0.00%

内省&ブログ

1

4.17%

-4.17%

ネット漁り

7.5

31.25%

20.83%

夕食&休憩

0.5

2.08%

-6.25%

読書

0

0.00%

-6.25%

授業の準備

0

0.00%

-4.17%

昼食&休憩

1

4.17%

2.08%

シャワー&支度

0

0.00%

-2.08%

外出

0.5

2.08%

2.08%

時間管理

0.5

2.08%

0.00%

掃除

0

0.00%

-2.08%

ちなみにこれが今日の時間配分、とてもう○こであった。

がんばろう。